エスターハージー城

絞込み条件に該当する商品または項目が見つかりませんでした

提案:

全ての単語が正しく入力されているかご確認ください
別のキーワードをお試しください
一般的なキーワードをお試しください
長めの期間で検索をお試しください

お探しのイベントが見つからない場合は、弊社にEメールにてご連絡ください office@europaticket.com 弊社の方で見つかるように努めます

オーストリア、ブルゲンランド州の首都にあるエスターハージー城。

エスターハージー家は元々ハンガリー王国の北にあるガランタ(現在のスロヴァキア南西部にある一都市)にあるジェントリであった。一族は、エスターハージ・ニコラウス伯爵(1583–1645)と息子のエスターハージー・パウル(1635–1713)侯爵の代で台頭する。

1626年にニコラウスは伯爵の地位を授けられ、1712年にエスターハージー本家は侯爵の地位を与えられた。エステルハージ家の成功は、着実な土地の蓄積と、カトリック教会とハプスブルク家への忠誠に起因する。

ハンガリーは一貫して、時には反乱や革命(1848年革命)を起こしてオーストリアの支配からの解放を要求し、最終的には第一次世界大戦末期に独立を成しとげることとなる。しかしながら、エスターハージーの侯爵たちは首尾一貫してハプスブルク家へ忠誠を誓い、何度も重大な局面を迎えたときにハプスブルク家に多大な貢献を果たしてきた。1683年のオスマン帝国によるウィーン包囲や1809年のナポレオンによるウィーン征服などである。

一族は3つの方法でその財産を得てきた。対抗改革におけるプロテスタントからの土地の再配分。オスマン帝国に征服された土地(オスマン帝国領ハンガリー)の再配分。そして、巧みな結婚相続 である。その土地の大半は今日のオーストリア・スロバキア・ハンガリーにまで広がった。一族はついにハプスブルク帝国最大の大地主となり、時としてオーストリア皇帝の所得を凌駕するまでになった。