リド

キャバレー・チケット
パリ - リド
次のパフォーマンス: 月 21 OCT 2019, 21:00
キャバレー・チケット
パリ - リド
次のパフォーマンス: 月 21 OCT 2019, 19:00

パリは昔から、パーティーとエンターテインメントの街とされてきました。世界一有名なアベニュー、シャンゼリゼ通りに面するリドは、1946年創業以来、「光の街」「パリ・バイ・ナイト」と呼ばれる華やかなパリのイメージに貢献してきました。
「世界一有名なキャバレー」のリドで、陶酔と幻想の一時をお過ごし下さい。

 

初期のリド

 

1946年、ジョゼフ及びルイ・クレリコは、1920年代のベル・エポック時代に流行し、装飾をヴェニスとリド海岸をモデルにして建てられたというプールを買い取り、世界一のキャバレーにするために、全面的に改造を行いました。成功は後を立たず、常にセンセーションに満ちていました。

1958年、リドのレビューはラスベガスのスターダストで上演されました。当初契約は6か月でしたが、延長に延長をかさね、ついに32年間続きました。

 

リドの今日

 

途切れることのない成功が続き、1977年にはついに場所が、シャンゼリゼ通り78番地から116番地に移されることになりました。

リドの新居はメトロのジョルジュ・サンク駅のすぐ前、歴史ある映画館のすぐ隣のノルマンディービルでした。新しい劇場には最新の技術が使われています。

• 延べ面積7500平方メートルに、屋根付きのステージが7フロア備わっています。

• 1150席のパノラマのホールは、完全な視界を確保するために、柱は使われていません。長さ45メートルのプレストレストコンクリートの梁ただ一つで全体を支えています。

• 巨大なエレベーターは、ショーをより見やすくするために、1階の土間を(ディナー時には300人が座る)80センチ地下へ下降させる能力があります。

• スケートリンク、水のスクリーン、プールは、世界でもここだけです。

創立60年あまり、リドとそのレビューは、人々に夢とロマンを与える、パリの夜にはなくてはならないシンボルであり続けています。

 

お役立ち情報
• ショーの写真・ビデオ撮影・録音、並びにホールの写真撮影は禁止されています

• 4歳未満のお子様は入場できません
• 服装規定:インフォーマル。ジャケットとネクタイ着用のこと。ショートパンツ、バーミューダ、スポーツウェアでの入場はご遠慮下さい。

ソワレ開始30分前にお越し下さい。

営業時間・ショー上演時間
営業時間:午前9 :00~翌午前2 :00(年中無休)

 

アクセス・駐車場
メトロ1番線 George V駅
RER A線 Charles de Gaulle Etoile駅
お車でお越しの場合は、お近くの駐車場をご利用ください。