ホーフブルク王宮

クラシック・コンサート
ウイーン - ホーフブルク王宮
次のパフォーマンス: 土 19 OCT 2019, 20:30

ホーフブルク王宮は、1918年までハプスブルク家歴代の神聖ローマ皇帝またはオーストリア皇帝の居城でした。もともとは中世に建てられた城で、長年にわたってハプスブルク家の強大化と領土の拡大に伴って拡張され、一層美しく飾られてきました。

16世紀には厩舎とアマリア宮が付け加えられ、17世紀にはレオポルド宮が、18世紀には帝国宰相宮、書庫、乗馬学校が付け加わって、ヨーゼフ広場が現在の姿を現わしました。

神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世(在位1780-1790)の騎馬像が、ローマのカピトール神殿に建つ皇帝マルクス・アウレリウスの像を摸して、1807年に完成しました。19世紀には旧ブルク劇場の跡地を利用して、ミハエラー広場に面してミハエラー宮を加え、広壮な複合建物が美しい調和を見せて完成。

1900年頃、王宮の最後の造営計画として、新王宮が建設されました。この王宮の建物は、ヘルデン広場を挟んで向かい合わせに2棟の対称的な宮殿を建て、かつ王宮から2棟の博物館に向かうアーチ状の橋を架け、ここに壮大な一大王城を作り上げる、という総合計画のほんの一部分です。しかし、この計画の完成を待たず、帝国がその終焉を迎えました。

現在、王宮には、オーストリア大統領府、国際会議場、日曜日および宗教祝日にウイーン少年合唱団がミサで歌う礼拝堂、スペイン乗馬学校などが入っています。新王宮には、世界博物館、美術史美術博物館分室、エフェソス博物館、楽器コレクションなどがあります。

祝祭の間

 

祝祭の間の建設は皇帝フランツ・ヨーゼフ1世によって1908年に始まり、1923年に完成。ハプスブルグ家の権力を表す大きな天井絵が印象的。さらに、8角形のパネルにはハプスブルグ家の優れた君主たちが描かれています。