ザンクト・ペーターのバロックホール

絞込み条件に該当する商品または項目が見つかりませんでした

提案:

全ての単語が正しく入力されているかご確認ください
別のキーワードをお試しください
一般的なキーワードをお試しください
長めの期間で検索をお試しください

お探しのイベントが見つからない場合は、弊社にEメールにてご連絡ください office@europaticket.com 弊社の方で見つかるように努めます

シュティフツケラー・ザンクト・ペーター(独: Haslauer GmbH & Co KG. St. Peter Stiftskulinarium)は、オーストリアのザルツブルクに所在する、現存する世界最古のレストラン。ザンクトペーター教会(de)に隣接し、メンヒスベルク山の岩盤をくりぬいた岩肌を利用している。企業としては、日本の建築会社金剛組につづき、温泉旅館法師とならぶ世界有数の老舗企業である。

 

 

シュティフツケラー・ザンクト・ペーターの起源は、4世紀から5世紀にかけて修道院で修行する修道士に1日1ヘミナ(約271ミリリットル)のワインを飲むことを許すと定めた聖セヴェリンの戒律にまでさかのぼるという。修道院のブドウ畑からつくられたワインの余剰については、当時すでに修道士たちによって販売されていた。803年、カール大帝の宮廷に仕えたアルクィンの記録には「ヨーロッパ最古のレストラン」とある。

中世末期には、「ザルツブルクの僧」と呼ばれる姓名不詳の詩人・作曲家により取り上げられて文学史に登場する。また、記録によれば1510年に増築がなされている。

1720年以降は、貴族や市民、聖職者たちが出入りするようになり、1760年、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンの弟ミヒャエル・ハイドンが滞在し、賛歌「ペーターワイン」を作曲している。教会墓地 (Petersfriedhof) 付近にはミヒャエル・ハイドンが居住したことを記した銘板のある建物もある。