フェルゼンライトシューレ

ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭
オペラフェスティバル - フェルゼンライトシューレ
次のパフォーマンス: 土 30 MAY 2020, 19:30

フェルゼンライトシューレ(Felsenreitschule、岩窟乗馬学校)はオーストリアのザルツブルクにある劇場。フェルゼンライトシューレの意味はFelsen(岩壁)、Reitschule(馬術学校)、つまり馬術学校裏の岩盤を利用した劇場で、舞台が岩に囲まれたオープンエアの珍しい劇場。『サウンド・オブ・ミュージック』のコンテストの会場になったことでも有名。

 

フェルゼンライトシューレは、1693年にヨハン・エルンスト・フォン・トゥン大司教(Johann Ernst von Thun)により、新しいドーム建築のための採石場跡に建築され、大司教の馬術学校と狩猟のために使われていた。現在舞台を取り囲んでいる三層に重なった96のアーチからなる岩盤は、馬術学校当時の観客席である。ロビーの天井には『テュルケンシュテッヘン』(Türkenstechen)と呼ばれる巨大なフレスコ画が描かれている。1926年からザルツブルク音楽祭に使用され、屋外の劇場であり残響は少なく音楽にはあまり適していないが、反面演劇には最適である。しかし岩盤を有効に利用した演出により、音響のマイナス点をカバーしてなお余りあるオペラが上演されてきた。多くの上演が三層アーチをそのまま生かしたセットを組むため、舞台の全景としては似た印象を与える。

 

改善点は以下のとおりです。

- エッジでの2桁の固定および5望遠鏡カンチレバーでサポートされている3つの要素を持つ新しい屋根建設:格納式と6分以内で拡張可能になります5望遠鏡アーム上に載っている3つの移動セグメントで構成される、わずかに傾斜したピッチの屋根。望遠鏡ステージ技術のカンチレバー(チェーンホイスト)、改善された音響と熱保護と2の照明ブリッジ上の点をハンギングステージアクションを最適化します。

- 電気設備、舞台照明、効果照明、効果音などの新しいセキュリティ技術。

- また、3階の内部拡大は、その時点で完成され、フェルゼンライトシューレの屋根の下で新たに構築された4階の建物のシェルは、祭りに利用可能となる - これが最後のインスタンスである新しいものでスペースはフェスティバル地区内で作成することができます。