国際ゴスペル協会、ビッグ・ジョン・ウィットフィールド

チケットを購入する
JAN 1970

刺激的なリズム、ポジティブなエネルギーに満ちたソウルフルなメロディ!


数年前にBIG JOHN WHITFIELDがオクラホマシティ/アメリカからウィーンに生活の中心を移して以来、彼なしではオーストリアの音楽やパーティーシーンは考えられない。7歳の時に地元バプテスト教会のベサル・アメ合唱団で歌のキャリアをスタートさせる。15歳の頃から、週末にはおじさんのゴスペルカルテットでアメリカ中西部をツアーし、声の力強さとダイナミクスを養ってきた。これが彼の天性の多彩な歌唱スタイルの礎となっている。国内で最も多様性に富んだゴスペルクワイアたちと長年活動してきた彼は、ついにプロモーターの圧力に屈することを決意し、自身の歌唱グループ「THE INTERNATIONAL GOSPEL SOCIETY」とツアーを行うことになりました。アメイジング・グレイス"、"オー・ワンス・デ・サント"、"オー・ハッピー・デイ "など、最も有名なゴスペル賛美歌を、多彩なプログラムと比類のない解釈で演奏する彼らの魅惑的でパワフルなパフォーマンス、そして刺激的な気質は、どんな観客もポジティブな気分にさせてくれることでしょう。歌ったり、手拍子をしたりして、この国際ゴスペル協会の一員になるための特別な音楽体験の準備をしてください。


2020年は、私たちにとってとても特別な年になります
そのため、国際ゴスペル協会では、今年は教会ではなく、ウィーンのポチとベスの居心地の良い場所で、距離感がありながらも、何よりもウィーンのポチとベスの雰囲気を大切にした、特別なクリスマス・ゴスペル・マチネとして開催することにしました!このような理由で、国際ゴスペル協会は、今年のクリスマス・ゴスペル・マチネを教会ではなく、ウィーンのポチとベスの居心地の良い場所で開催することにしました。

プログラムとキャスト

ポギーとベス(ジャズ・クラブ)

ポーギー&ベス(実際には、ジャズや音楽クラブポーギー&ベス)は、ウィーンの1区にRiemergasse 11でジャズクラブです。 1993年に設立されたクラブは、オーストリアの首都の"最も重要なジャズの主催者とトレンディなミーティングポイント」と見なされます。

ポーギー&ベスのプログラムは、非常に大規模な聴衆に約70,000名様年を話す。 」 、非常に多元的理解」 、プログラムは「偶数な電子音楽などのフリンジ分野で、現代音楽やワールドミュージックが貫通した。 「ジャズはそれに応じて、特に米国の宇宙からの多くの国際的なアーティストは、 、ここに実行する機会をもオーストリアの音楽家を参照してください。クラブはまた、オーストリアのワールド·ミュージック·アワードの賞などのイベントのための舞台を提供しています。

音楽学者クリスチャンScheibニーズや都市空間ミュージックとしての用途」平野当たり前」の音楽(ジャズ)都市の現実の開発のために不可欠と同時に「ポーギー&ベスによると。 "テーブルとステージの手前に、二階のギャラリー、バーではとの側面積を - それは " 。芸術的な好みによって、音質、容量と実容量、他のクラブの必要な除外は「ここでは、ジャズクラブのさまざまな領域を許可自体を作成カウンタ - コンサートのシーンで別の強烈な集中。 Jazzthetikポーギー&ベスに対しても「伝統的なクラブ」です。

類似したイベント