リュリ&モリエール:町人貴族

チケットを購入する
JUN 2021

「町人貴族」はモリエールの台本、音楽はジャン・バティスト・リュリによる全5幕のコメディ。バレはピエール・ボーシャン、舞台装置カルロ・ヴィガラーニ、トルコ風衣装ロラン・ダルヴューによる。1670年10月14日にシャンボール城のルイ14世の宮廷において、モリエール劇団によって初演された

台詞に、フランス語以外にもスペイン語、イタリア語、さらに4幕以降にリングワ・フランカのサビール語が使われていることでも注目される作品である。

貴族になりたい愚かな金持ちの町人のジュルダンを巡る物語で、ジュルダンを騙して結婚しようとする娘リュシルとその恋人クレオント、その従者コヴィエルのたくらみに、ジュルダンを利用しているドラント伯爵とその愛人ドリメーヌ侯爵夫人の思惑、ジュルダンを諌めようとするジュルダン夫人と女中のニコルが絡み合う。

初演時には当時の名だたるコメディ役者と音楽家が集結し、モリエールがジュルダンの役を演じ、金のレースや色とりどりの羽根で飾られた鮮やかな衣装を身に着けた。また相手役のジュルダン夫人をアンドレ・ユベール、ドリメーヌ夫人をカトリーヌ・ド・ブリー、リュシルをアルマンド・ベジャールが演じた。またリュリが第3幕のトルコの儀式にて、ムフティ(イスラム法学者)の役で登場した。

上演されるやいなや大成功を収め、このジャンルの数少ない傑作の一つに数えられる。成功の理由の一つには、オスマン帝国が社交界の最大の関心事である中で、「トルコ趣味」と呼ばれた時代の好みに合致したことがあげられる。作品はオスマン帝国の大使ソリマン・アガが1669年にルイ14世の宮廷を訪れた際に、オスマン帝国の宮廷が太陽王の宮廷よりも上位であると発言したスキャンダルに題材をとっている。トルコからの使いが大使だと信じ、正装にて歓待したルイ14世は、この使いが大使ではないと知って激怒し、モリエール等にトルコを愚弄する作品制作を命じた。

プログラムとキャスト

キャスト


ジャン・ノエル・ブルテ:仕立て屋の巨匠とコビエル
イザベル・キャンデリエさん ジュルダンさん
ジュリアン・カンパーニ:音楽家庭教師とドランテ
マノン・コンブ ニコル
ベネディクト・ギルベール:ドリメーヌ
フランシス・ルプレ 哲学の家庭教師
レスリーメニューです。ルシェル
ニコラ・オランド フェンシングマスター
Laurent Podalydè:s A lackey
パスカル・レネリック 氏Jourdain
レオ・レイノー 下僕、ダンサー、リトル・ムフティ
ティボー・ヴァンソン 踊りの達人とクレオンテ


ウィンディ・アントグネルリ、フラヴィ・ヘニオン、アルテミス・スタブリディス:ダンサーズ
ロマン・チャンピオン、マルク・ラボネット、フランシスコ・マニャリッチ:署名者


アンサンブル・ラ・レヴェランスのソリストたち
クリストフ・コイン、NN、NN、NN、フランソワ・ゲリエ、イヴァン・ガルシア:音楽家たち
クリストフ・コイン 指揮者


ドゥニ・ポダリデス コメディ・フランセーズのメンバーディレクター


エマニュエル・ブルデュー 共同ディレクター
エリック・ルフ:風景画
ステファニー・ダニエル:ライト
クリスチャン・ラクロワ:衣装
伊藤かおり コレグラフィー
ヴェロニク・スーリエ=ヌグエン メイクアップとヘア
ローラン・ポダリデス ディレクターアシスタント
デルフィーヌ・サントマリー:作画アシスタント
ジャン・フィリップ・ポンズ 衣裳アシスタント


プログラム


ジャン=バティスト・リュリ(1632-1687)とモリエール(1622-1673
ブルジョワ紳士


1670年にシャンボール城で制作された5幕の喜劇バレエ。

ヴェルサイユ宮殿

 

ヴェルサイユ宮殿(ヴェルサイユきゅうでん、フランス語:Château de Versailles)は、1682年にフランス王ルイ14世(1638年 - 1715年、在位1643年 - 1715年)が建てたフランスの宮殿(建設当初は離宮)である。ベルサイユ宮殿とも表記される。

パリの南西22キロに位置する、イヴリーヌ県ヴェルサイユにある。主な部分の設計はマンサールとル・ブランによっておこなわれ、庭園はアンドレ・ル・ノートルによって造営された。バロック建築の代表作で、豪華な建物と広大な美しい庭園で有名である。

 

概要[編集]

ヴェルサイユ宮殿は、ルイ14世が建造した宮殿である。そのため、フランス絶対王政の象徴的建造物ともいわれる。ルイ14世をはじめとした王族と、その臣下が共に住むヴェルサイユ宮殿においては、生活のすべてが絶対王政の実現のために利用され、その結果さまざまなルール、エチケット、マナーが生まれた。

 

噴水庭園

宮殿よりも噴水庭園のほうが建設にかかった労力は上で、宮殿建設の25,000人に対し、36,000人が投入されている。噴水にはルイ14世の三つの意図が込められている。

 

「水なき地に水を引く」
ヴェルサイユには近くに水を引く高地がない。ルイ14世は10km離れたセーヌ川の川岸にマルリーの機械と呼ばれる巨大な揚水装置を設置し、堤の上に水を上げさせた。そして古代ローマに倣って水道橋を作って、水をヴェルサイユまで運び、巨大な貯水槽に溜め込んだ。こうして水なき地で常に水を噴き上げる噴水庭園を完成させ、自然をも変える力を周囲に示した。

「貴族を従わせる」
ルイ14世は10歳の時にフロンドの乱で、貴族たちに命を脅かされたことがある。ルイ14世はこの体験を一生忘れず、彼は貴族をヴェルサイユに強制移住させた。

「ラトナの噴水」は、ギリシャ神話に登場するラトナ(レートー)が村人に泥を投げつけられながらも、息子の太陽神アポロンを守っている銅像と、その足元にある蛙やトカゲは神の怒りに触れて村人たちが変えられた像を、模った噴水である。ラトナとアポロンはフロンドの乱の時、彼を守ってくれた母と幼いルイ14世自身を示し、蛙やトカゲに変えられた村人は貴族たちをあらわしている。王に反抗をする者は許さないという宣言を示している。
「太陽神アポロンの噴水」は、アポロンは天馬に引かれて海中から姿をあらわし、天に駆け上ろうとしているものを模った噴水である。アポロンはルイ14世自身をあらわし、彼が天空から地上の全てを従わせると示している。

「民衆の心をつかむ」
ルイ14世は民衆の誰もがヴェルサイユに入るのを許し、民衆に庭園の見方を教える「王の庭園鑑賞法」というガイドブックを発行した。それには「ラトナの噴水の手前で一休みして、ラトナ、周りにある彫刻をみよ。王の散歩道、アポロンの噴水、その向こうの運河を見渡そう」と書かれている。民衆は、ガイドブックに従って庭園を鑑賞することで、貴族と自然を圧倒した王の偉大さを刷り込まれていった。夏、ヴェルサイユでは毎晩のように祭典が催され、訪れた民衆はバレーや舞劇に酔いしれた。

類似したイベント