ピエロ・ルネール。 7つのソナタ(初演)。コンチェルトDSCH

チケットを購入する
SEP 2020

プログラムとキャスト

ピエロ・ルネール
アーノルド・シェーンベルクの音楽
振付師:アレクセイ・ラトマンスキー
Tatyana Chernovaによるデザインと衣装のセット
ヴィクトリア・テレシキナ、アレクサンダー・セルゲイエフ、コンスタンチン・ズヴェレフ、キミン・キム
エレナ・ソマー(メゾソプラノ)


SEVEN SONATAS(初演)
ドメニコ・スカルラッティの音楽
振付師:アレクセイ・ラトマンスキー
照明デザイナー:ブラッドフィールド
衣装デザイナー:ホリー・ハインズ


ピアノ:アレクサンドラ・ジリーナ

後日発表されるフルキャスト


コンチェルトDSCH
ドミトリー・ショスタコビッチの音楽
振付師:アレクセイ・ラトマンスキー
照明デザイナー:マークスタンリー
衣装デザイナー:ホリー・ハインズ
長久五月、ザンダー教区、レナータ・シャキーロワ、キミン・キム、ヴァシリー・トカチェンコ
ピアノ:ティモフィー・ウラジミロフ


マリインスキーオーケストラ
指揮:アーセニーシュプリャコフ

マリインスキー劇場

マリインスキー劇場 (Маpиинский театp) は、ロシアのサンクトペテルブルクにあるオペラとバレエ専用の劇場。ソビエト連邦時代(1924年 - 1991年)はキーロフ劇場と呼ばれていた。

 

ロシア帝国の首都サンクトペテルブルクに建てられた皇室の劇場で、帝国を代表するオペラ、バレエの中心施設であった。

クラシック・バレエの名作「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」「白鳥の湖」は、ここで初演された。マリインスキー・バレエ、マリインスキー・オペラ、マリインスキー劇場管弦楽団が、ここを活動の本拠地としている。建造物は、サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群の一部としてユネスコの世界遺産に登録されている。

 

都市の名称も変わったことから、多様な翻訳名や記述が存在する。(例:ペトログラードの帝室劇場等)

類似したイベント