パリ管弦楽団、カリーナ・カネラキス

チケットを購入する
JAN 1970

プログラムとキャスト

分布


パリ管弦楽団
パリ管弦楽団長
カリーナ・カネラキス(演出
Aušrinė Stundytė, ソプラノ
ジェニファー・ジョンストン(メゾソプラノ
ステファン・ヴィンケ(テノール
ミハイル・ペトレンコ、ロー
ライオネル・ソー(シェフ・ドゥ・クール


プログラム


ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
メソニックフェアリーミュージック


アルヴォ・ペールト
スタバットきこう


レオシュ・ヤナーチェク
グラゴライトマス

フィルハーモニー・ド・パリ

グランド・サルル・ピエール・ブーレーズ - Philharmonie


Grande salle Pierre Boulez(Symphonic Hall)は、建築、舞台設計、音響工学の革新を誇っています。 モジュラーデザインのおかげで、symphonic構成の2400人からparterreがスタンディングルーム領域に変換されたときの容量は3600に増加しました。


Grande Salle Pierre Boulezの5つのレベルはすべて、階段、エスカレーター、2つのエレベーターでアクセス可能なPhilharmonieのレベル3の入り口からアクセスでき、Porte de Pantin広場とPhilharmonie駐車場から直接アクセスできます。


入り口から、階段とホール内のリフトは、様々なレベルに訪問者を連れて行く。


Grande Salle Pierre Boulezには、可動性の低下した人のための30の指定席があります。

類似したイベント