バフチサライの泉 マリインスキーバレエ

バフチサライの泉

 

ロシアの詩人アレクサンドル・プーシキンの詩に基づくバレエ作品

 

台本:ニコライ・ヴォルコフ

振付:ロスティラフ・ザハーロフ

音楽:ボリス・アサフィエフ

初演:1934年9月28日(レニングラード・キーロフ劇場)

主演:ガリーナ・ウラノワ

 

<主な登場人物>

 

マリア: 侯爵の娘

ワツラフ: マリアの婚約者

ギレイ: クリミア・ハン国の汗

ザレマ: ギレイの第一夫人

 

<あらすじ>

 

プロローグ

バフチサライの泉のほとりでタタール王ギレイ汗がうなだれている。失意の彼の心の裡にあるものは…。

 

第1幕

ポーランド貴族の娘、マリア・ポトツキーの誕生舞踏会。マリアは家族や婚約者と舞踏会を楽しんでいる。そこへギレイ汗が率いるタタール軍が侵入。マリアは父と婚約者を失い、ギレイ汗に連れ去られる。

 

第2幕

マリアの美しさに打たれたギレイは彼女を宮殿に伴う。それまでギレイから一番愛されていた寵姫ザレマは衝撃を受け、失神する。

 

第3幕

バフチサライの宮殿で暮すようなった後もマリアは故郷を偲び、ギレイに心を開くことはなかった。マリアへの嫉妬で激情に駆られたザレマはマリアを刺し殺してしまう。怒りのあまりギレイはザレマを手討ちにしようとするが、ザレマの「愛する人に殺されるなら本望」との言葉にギレイは自らの手でザレマを処断することができずに終わる。

 

第4幕

ザレマが崖から突き落とされて処刑された後も、ギレイは鬱々した日々を送る。バフチサライの泉に傍らで物思いにふける彼の脳裏からマリアやザレマの面影が消えることはない。

プログラムとキャスト

チケットを購入する
NOV 2019 Next

マリインスキー劇場

マリインスキー劇場 (Маpиинский театp) は、ロシアのサンクトペテルブルクにあるオペラとバレエ専用の劇場。ソビエト連邦時代(1924年 - 1991年)はキーロフ劇場と呼ばれていた。

 

ロシア帝国の首都サンクトペテルブルクに建てられた皇室の劇場で、帝国を代表するオペラ、バレエの中心施設であった。

クラシック・バレエの名作「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」「白鳥の湖」は、ここで初演された。マリインスキー・バレエ、マリインスキー・オペラ、マリインスキー劇場管弦楽団が、ここを活動の本拠地としている。建造物は、サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群の一部としてユネスコの世界遺産に登録されている。

 

都市の名称も変わったことから、多様な翻訳名や記述が存在する。(例:ペトログラードの帝室劇場等)

類似したイベント