ジゼル

あらすじ

第1幕

心臓が弱いものの笑顔を絶やさない、踊りの好きな村娘ジゼルに、アルブレヒトは貴族である身分を隠し、名をロイスと偽って近づく。ふたりは想いを通わせるが、ジゼルに恋する村の青年ヒラリオンは面白くない。彼はアルブレヒトが普段の衣装や剣をしまう小屋から剣を見つけ、村の青年ではないことを確信してその剣を持ち出す。

ある時、ジゼルの村にアルブレヒトの婚約者、バティルドの一行が狩の途中に立ち寄る。村娘ジゼルとバティルドはお互い結婚を控えているもの同士として仲がよくなる。その後、ヒラリオンが持ち出した剣によりアルブレヒトの身分が暴かれる。アルブレヒトは混乱するジゼルをなだめるが、ヒラリオンは更にバティルドと公爵を連れて来る。もはやごまかしようのなくなったアルブレヒトは公爵に礼を執り、バティルドの手にキスをする。それを見たジゼルは狂乱状態に陥り、母ベルタの腕の中で息絶える。ヒラリオンとアルブレヒトは互いの行為を責め合うが、村人たちやベルタに追い出されるように退場したのはアルブレヒトだった。

第2幕

森の沼のほとりの墓場。ここは結婚を前に亡くなった処女の精霊・ウィリたちが集まる場所である。ジゼルはウィリの女王ミルタによってウィリの仲間に迎え入れられる。

ジゼルの墓に許しを請いにやってきたヒラリオンは鬼火に追い立てられる。ウィリたちは夜中に迷い込んできた人間や裏切った男を死ぬまで踊らせるのである。ウィリたちがヒラリオンを追う間、ジゼルを失った悲しみと悔恨にくれるアルブレヒトが彼女の墓を訪れ、亡霊となったジゼルと再会する。

ヒラリオンはウィリたちに捕らえられて踊らされ、休むことを許されず力尽き命乞いをするが、ミルタは冷たく突き放し死の沼に突き落とす。次にミルタはアルブレヒトをも捕らえ、力尽き死に至るまで踊らせようとする。アルブレヒトが最後の力を振り絞り踊るときジゼルはミルタにアルブレヒトの命乞いをする。そのために時がすぎ、やがて朝の鐘が鳴り朝日が射しはじめるなかウィリたちは墓に戻っていく。アルブレヒトの命は助かり、ジゼルは朝の光を浴びアルブレヒトに別れをつげて消えていく。

プログラムとキャスト

チケットを購入する
JAN 2020 Next
フォトギャラリー
Peter Brenkus, 2016
© Peter Brenkus, 2016
Peter Brenkus, 2016
© Peter Brenkus, 2016
Peter Brenkus, 2016
© Peter Brenkus, 2016
Peter Brenkus, 2016
© Peter Brenkus, 2016
Peter Brenkus, 2016
© Peter Brenkus, 2016

スロバキア国立劇場 - SND歴史的建造物

スロバキア国立劇場の歴史的建造物は、旧市街の劇場の敷地内にあります。現在の建物は1886年にオープンした建築家Ferdinand FellnerとHermann Helmerによる設計のために建てられました。折衷的なスタイルの建物は、によって設計された多くの劇場の建物のうちの1つです。ソフィア(ブルガリア)、ブダペスト(ハンガリー、カルロヴィヴァリ、ブルノ(チェコ))、チューリッヒ(スイス)、ベルリンのベルリン(Theater unter den Linden)など、ヨーロッパの都市に点在するウィーンを拠点とする建築家の著名なチーム)


City Theatre Bratislavaは最初にドイツとハンガリーの会社による停滞した劇場の公演を上演しました。 1920年からスロバキア国立劇場があります。 1950年代までは、ドラマ、オペラ、バレエの公演が行われていました。 SNDの歴史的建造物がSNDのオペラとバレエに捧げられるようになったのは、SND Drama Companyの恒久的なステージが開かれるまではありませんでした。


遺産保護の性質から、指定建造物は元の外観、講堂の内部、エントランスロビー、サロンを1階に残しておく必要がありました。それにもかかわらず、講堂はかなりの空間的変化を遂げました。観客に快適さを提供するために、変換には座席数の削減も含まれていました。他のすべての分野は近代化されています。地下室(講堂の下)にある中央のマントルーム、2階にカフェ、1階と3階に喫煙室があります。ステージの両側のエリアは、パフォーミングアーティスト、ワードローブ倉庫、備品室、および(地下室の)チューニングサロンの更衣室として機能するように改装されました。現代的な別館はSNDオペラとバレエのSND管理によって使用されるディレクター、指揮者、プロンプター、更衣室、リハーサル室と管理事務所に捧げられた事務所を収容します。別館と隣接するKomenského広場の下に3つの地下階があります。2階は装飾品倉庫の家で、3階は2つの広いバレエリハーサルホールで構成されています。

 

 

そこに着く方法


公共交通機関

すべての路面電車路線はSND歴史的建造物から徒歩圏内にあり、バス路線29、30、37、82、91、191および901と同様に運行しています。

バス:

New Bridge /Novýから徒歩圏内にバス停があります。

29、30、37、82、91、191、901(国際線)

路面電車:

SND歴史的建造物に隣接した駅:

Jesenského、そして/またはNám。 。シュトラ

路面電車2番(ŽSTNovémestoからの方向のみ)、4(Zlatépieskyからの方向のみ)、5(Rača - Komisárkyからの方向のみ)、6、9(Karlova Vesからの方向のみ) Jesenskéhoを停止します)

Kamennénámestie広場とNámestieSNP広場で徒歩圏内に停車します。

行番号2(Šafárikovonámestieからの方向)、3、4(Dúbravkaからの方向)、5

Albertus teolog
© Peter Brenkus, 2016
類似したイベント