ウィーン王宮オーケストラ

チケットを購入する
JUL 2020 Next

ウィーン、音楽の都

ウィーンは音楽の都として知られています!特にシュトラウス一家により作曲されたウィーンナー・ワルツは19世紀からウィーンに大きな特性と魅力を与えました。

 

ウィーン王宮オーケストラの創立

1971年にウィーンの全ての大きいなオーケストラから優秀な音楽家がゲルト・ホーフバウアーの指揮によってウィーン王宮オーケストラを形成しました。彼らの使命はウィーンのワルツやオペレッタの音楽を守り、世界に広めることでありました。オーケストラは国内外のラジオやテレビプロダクション、シンフォニックなコンサートでのインターナショナルな活動、または録音によって広く知られ、有名になりました。

 

ウィーン王宮オーケストラのコンサート・シーズン

ウィーン王宮オーケストラが演奏するヨハン・シュトラウスとヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのコンサートは5月から10月の中旬まで、毎週火曜日、木曜日、土曜日に行われ、10月の中旬から12月の下旬まではに土曜日に行われます。

会場はウィーン王宮の豪華な広間、またはウィーン・コンツェルトハウスや楽友協会です。

開演は20時30分。

 

王宮のクラシック音楽コンサート プログラム

プログラムはヨハン・シュトラウス、エメリッヒ・カールマン、フランツ・レハールのワルツやオペレッタ音楽、またはヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのオペラのアリアやデュエットなど有名なメロディーによって組まれています。

 

ウィーン王宮オーケストラは36名のプロ奏者と6名のインターナショナルな声楽ソリストによって構成されています。

 

ウィーン王宮オーケストラ 大晦日コンサート

毎年12月31日に王宮祝祭の間で行われる大晦日コンサート。 プログラムはヨハン・シュトラウス、エーリッヒ・カールマン、フランツ・レハールのワルツやオペレッタ音楽、またはヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのオペラのアリアやデュエットの最も有名なメロディーで構成されます。 52名の音楽家と6名の国際的ソリストが、指揮者ゲルト・ホーフバウアーの監督の下に「フィガロの結婚」、「魔笛」、「こうもり」「メリーウィドウ」などのオペレッタのハイライトを演奏し、忘れられない大晦日をお届けします。

 

ウィーン王宮オーケストラ ニューイヤーコンサート

毎年1月1日に、ウィーン王宮オーケストラは、新年をウィーン王宮の花で飾られた祝祭の間と舞踏の間で祝います。演目はヨハン・シュトラウス、エメリッヒ・カールマン、フランツ・レハールのワルツやオペレッタ音楽、またはヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのオペラのアリアやデュエットの最も有名なメロディーを52名の音楽家及び6名のインターナショナルな声楽ソリストがゲルト・ホーフバウアーの指揮によって演奏します。年の始めを「こうもり序曲」、「美しき青きドナウ」、「ラデツキー行進曲 」、「魔笛」、「メリーウィドウ」の音楽と共にお楽しみください。

 

ご希望のチケット申し込みの際、コンサートの期日、会場、値段カテゴリーはコンサートカレンダーでご覧ください。

プログラムとキャスト

フォトギャラリー

ホーフブルク王宮

ホーフブルク王宮は、1918年までハプスブルク家歴代の神聖ローマ皇帝またはオーストリア皇帝の居城でした。もともとは中世に建てられた城で、長年にわたってハプスブルク家の強大化と領土の拡大に伴って拡張され、一層美しく飾られてきました。

16世紀には厩舎とアマリア宮が付け加えられ、17世紀にはレオポルド宮が、18世紀には帝国宰相宮、書庫、乗馬学校が付け加わって、ヨーゼフ広場が現在の姿を現わしました。

神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世(在位1780-1790)の騎馬像が、ローマのカピトール神殿に建つ皇帝マルクス・アウレリウスの像を摸して、1807年に完成しました。19世紀には旧ブルク劇場の跡地を利用して、ミハエラー広場に面してミハエラー宮を加え、広壮な複合建物が美しい調和を見せて完成。

1900年頃、王宮の最後の造営計画として、新王宮が建設されました。この王宮の建物は、ヘルデン広場を挟んで向かい合わせに2棟の対称的な宮殿を建て、かつ王宮から2棟の博物館に向かうアーチ状の橋を架け、ここに壮大な一大王城を作り上げる、という総合計画のほんの一部分です。しかし、この計画の完成を待たず、帝国がその終焉を迎えました。

現在、王宮には、オーストリア大統領府、国際会議場、日曜日および宗教祝日にウイーン少年合唱団がミサで歌う礼拝堂、スペイン乗馬学校などが入っています。新王宮には、世界博物館、美術史美術博物館分室、エフェソス博物館、楽器コレクションなどがあります。

祝祭の間

 

祝祭の間の建設は皇帝フランツ・ヨーゼフ1世によって1908年に始まり、1923年に完成。ハプスブルグ家の権力を表す大きな天井絵が印象的。さらに、8角形のパネルにはハプスブルグ家の優れた君主たちが描かれています。

 

 

 

 

 

 

 

類似したイベント